住宅につけてよかったと思う装備ナンバー1は

公開日: : 最終更新日:2013/07/17 住宅


前回の記事でも書きましたが、我が家は昨年の4月に新築しました。

間取りは4SLDKで延床面積は35坪弱の核家族向けの標準的なサイズの家です。
私は書斎には、かなりの思い入れがありましたが、
その他にも、つけて本当によかったと思う装備、設備を紹介したいと思います。

シューズクローク(土間収納、玄関収納)

我が家は、荷物が多いので、玄関収納を設けました。
玄関収納とは、玄関から続きの間に収納スペースを設けるものです。

土間収納やシューズクロークと呼ばれることもあります。

この玄関収納が特に便利だと感じるのは、ベビーカーの収納時です。

子供のいる家庭ではどの家庭もベビーカーの収納スペースは、結構頭を悩ませているポイントではないでしょうか?

我が家も引っ越すまでは、ハイツに住んでいて、ベビーカーの収納スペースがなかったので、
車の荷台に積みっぱなしにしていました。

車の荷台においていたら、いざ使うときにいちいち引っ張り出してこなければならなかったのでかなりの手間を感じていました。

それが、玄関収納ですべて解決されました。

ベビーカー以外に三輪車やBBQ道具も収納出来る

我が家ではベビーカー以外に、三輪車やBBQの道具なども収納しています。

まら、来客時には目につかないように、目隠しもつけているので、玄関横に倉庫をおいているようなイメージで、かなり重宝しています。

これから、新築を検討してるお子様がいる家庭はぜひ「玄関収納」をおすすめします。


関連記事

不動産禁止広告

気をつけたい不動産広告。禁止用語、ネット広告など注意が必要です。

不動産は人生で一番大きな買い物と言われているだけあって、広告もかなりの規制がかかっています。

記事を読む

LED

知らないで使うと損することも!?LED照明のデメリット

寿命が長く、蛍光灯や電球に比べて省エネということで買い替え需要の多いLED照明ですが、何からなにまで

記事を読む

03

モデルハウス(建売住宅)を購入した場合の購入金額以外に必要な費用

家具付きのモデルハウスを購入した場合、土地と建物、さらには家具までついているので、それ以外はほとんど

記事を読む

no image

吹抜けのメリットとデメリット~吹抜けの思わぬ落とし穴

住宅展示場などにいくと、結構な確立で吹抜けが設置されているモデルハウスを目にすることが、多いと思いま

記事を読む

04

クッションフロアのメリット・デメリットと将来性

クッションフロアとは、表面を厚手のビニールで覆い、裏面に緩衝材(クッション)を付けた素材で、床に接着

記事を読む

no image

本当に得なの?古家付き土地

土地は住宅購入の最初で最大の壁 住宅購入の際の最初の壁が土地です。 親や、親戚などが土地を持っている

記事を読む

旗竿地の値段の見積もり方法

旗竿地の相場は?旗竿地の魅力と価格について紹介します

前回の記事で旗竿地のメリットとデメリットを紹介しました。 旗竿地は通常の土地の相場よりも安く手に入

記事を読む

06

太陽光発電は東向きと西向きでどちらが効率が良いか?

太陽光発電は南向きが一番効率よく発電するといわれています。 そして、北向きが一番発電効率が悪く、東

記事を読む

no image

カメラ女子に絶対おすすめのカメラストラップ10本まとめました

最近一眼を手に入れたカメラ女子のみなさんのために、つけるだけで絶対おしゃれに見えるおすすめのカメラス

記事を読む

17

セコムホームセキュリティのメリットと月額費用

最近、新築と同時にセコムのホームセキュリティを導入する方が増えています。 メリットはやはり「安心感」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
4月はアドセンス収益激減の時期。企業の広告費削減が原因か?

以前から当ブログをはじめ私の運営するいくつかのサイトでアドセンスを運用

LEC宅建ウォーク問
宅建登録実務講習のおすすめは日本ビジネス法研究所

宅建業務の実務経験が二年以内の場合は、宅建試験に合格しても宅建主任者と

20131210rakutendenwa04
楽天でんわの3分0円プランをビジネスマンが使ってみて。LINEとの比較も。

<p>今話題の楽天でんわ。以前のプランでは30秒10円とい

みやざき
宅建初学者におすすめのyoutubeでみれる(宅建みやざき塾)

資格試験にチャレンジしようとする方におすすめの勉強法として、過去問を繰

LEC宅建ウォーク問
2014年宅建試験の自己採点結果

今年も宅建試験を受験してきました。 昨年に続き二回目の受験です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑